• 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

できもの 

コニーの顔にプッツリと、ニキビのような
できものが2つできてた。
そのうちの1つを爪で引掻いたのかカサブタになってた。
「もしかして皮膚病?」と慌てて病院に連れて行った。
先生は見るなり「あぁコレ全然大丈夫」
「こっちは、コレを引掻いちゃったんだね」と。
「皮膚病とかじゃないんですか?」と聞くと
「全然違う。これは歳とってくると出来るもの。人間と同じ」って。
そっか。犬も歳をとると皮膚も衰えるんだ。
コニーがシニアになってから
私らが若干過敏になってる気もするけど
やっぱり先生に診てもらって、そう言ってもらうと
とたんに安心する。
軽く尿検査もしてもらって、特に異常なし。
良かった☆

20110309web3jpg.jpg
スポンサーサイト

 

今年は結局、川遊びには1回しか行けなかったな~。
こんなに暑いのに、暑過ぎるってのも考えものだわ。。。

ところで、コニーの健康診断での数値が悪かった項目について
心当たりがまったくナイかと言えば、実は逆で。
心当たりがありまくりで、むしろ何が原因なのかが分からないと言う(><;)
まず、第一に
健康診断をした1週間ほど前に旅行の為フードを固形にした。
本当はいつも食べさせている手作りフードを持って行きたかったのだけど
何しろ、こう暑いと流石に食品の痛みが怖い&ペンションでの手作りはムリ
という理由から市販の固形フードにやむなくした。
そして第二に
その固形フードにする数日前に、手作り食での魚のサバがあいにく手に入らず
サンマに変更して、それが5日程続いた。
(これは後で調べて分かったのだけどサンマは
コニーの場合あまり続けて与えるのは良くないらしい)
そして第三に
健康診断の少し前に川遊びに行ったのだけど
猛暑も猛暑で、暑さなのか遊び過ぎたのか帰宅後2度吐いた。
そして第四に
夏バテ。遊び過ぎ。などなど。

獣医さんにも、どうしたら数値が戻ったのか聞かれたけれど
いつもの手作り食に戻した事。
そしてそれ以外の食べ物を一切あげなかった事。
それから、なるべく安静(激しい運動を控える)にして過ごした位
特にいつもと変わった事はしていない。
先生も「フードで随分変わるからね~」と言ってらしたけど
なんだか、もう怖くって他のフードには変えられないカモ。。。
コニーが再検査までの2週間の間食べてたのは
豆乳をベースとした「おじや食」です。
前年もこれで数値が下がった。
この食事がコニーには合っているのかもしれないデス。

100908web1.jpg


健康診断2 

2週間後、病院へ再検査に行った。
採血をしてから結果が出るまでの間 
少しでも数値が良いようにと 祈る。
検査結果が出て、そのデーターを見た先生が思わず
「こんな事ってあるんだ。。。信じられない・・・」ってつぶやいたので
どんなに悪い数値が出たんだろ?と怖々聞くと
「前回の半分まで下がってる」って
完全に正常な範囲の数値に戻っていたらしい。
それから前年度のデーターと比べてみて
去年の再検査した時と、ほぼ同じ数値なのを確認してから
「きっと、この位がこの子の通常の値なんだわ。」と。
本当に悪くしてしまったら決して良い数値に戻る事はないらしいので
慢性ではなく一過性のものだったのだろうと。

何が原因だったのかは分からないけれど
取りあえず、治療の必要はないとの事で一先ずホッ。
それから、他に気になる箇所もないので
これだったら9歳の健康状態としては
「とても良いんぢゃない(*^^*)」と診断して頂きました。

この2週間、精神的にドキドキしっぱなしだったけど
想像以上に良い結果が出て、それだけで一人涙ウルウルでした。
病院から出ても一人興奮収まらぬ私に吉がポツリと一言。
「でも、これからは1年に1回ぢゃなくて半年に1回位は検査してもらわなきゃね」と。

ま、まぁそうなんだけどね。。。
半年に1回かぁ~ 私の胃 持つかしら・・・(>_<;)

100907web1.jpg

健康診断 

毎年調べてもらってるコニーの健康診断。
なんだかんだ言って、もうコニーも9歳だし
昨年引っかかった項目があったしで
今年はなかなか気が進まず
例年は、だいたい春夏に済ませてるハズが
今年は8月になっても、まだ調べてなかった。
でも。逃げてても仕方ないので
ワクチン接種のついでに調べてもらう事に。

したら悪い予感は当たるもので
今年も昨年とまったく同じ項目で引っかかった。
排泄物検査&血液検査&エコー。
先生に「これはもう治療に入らなきゃいけないレベル」って言われて
昨年同様、また2週間後に再検査して同じような結果なら治療に入りましょうと。
治療食か、もしくはお薬を飲み続けるか。

すっごく落ち込んでしまったけど
昨年も同じパターンで、正常な数値に戻った経緯があるので
もしかしたら今年も・・・と僅かな望みを2週間後につなぐことにした。

*明日に続きます。

100906web1.jpg

血液検査 

(続き)
その日以来、コニーのフードの見直しを。
手作り食を始めてから、ウチは基本的にメニューを変えることなく
野菜などは日によって異なったけれど
基本となるベースは一切変更することなく数年やってきた。
でも。コニーも今年で8歳。
そろそろ基本レシピを、もっとシニアベースに移行させても良いのかも・・・
と思っていたので、これを機に大幅に変更。
手作り食の腎臓系のレシピに忠実に
取りあえず次の検査までの間、一日も欠かすことなく続けてみた。

で、約1ヶ月後。再検査の日。
ほとんど祈るような気持ちで検査の結果が出るまで待ってたのだけど
先生の「あ。下がってますね(*^^*)」の一言で
思わず飛び上がらんばかりに喜んでしまいました。
結果はBUNが21、CREが1.4。
何とか正常値に収まってました。
前の検査の時に、どうしてあれだけ数値が高かったのかはわからないけど
それでも、なんとか正常値に戻ってるって事は
多分喜んでもイイ事だよね。

でも。今回改めて健康である事の有り難さが、しみじみと身にしみたな。
もちろん血液検査だけで判断するのはアレかもしれないけど
それでも、こうして検査するって事の大切さを感じた。

これから、ますます。
コニーが何も言えない分。、私達が気をつけてあげなければ。
と痛感しましたデス。ハイ。

8815web1.jpg

健康診断 

毎年行っているコニーの健康診断。
今年は、時期が少しずれてしまって
夏のまっさかりになってしまいました。
例年通りの血液・生化学検査。
で。結果の方も。例年通り、一切の異常ナシ♪o(*^▽^*)o
・・・とはいかず。
今年はBUNとCREの腎臓系で引っかかってしまいました(T△T)
BUNは正常値9.2~29.2の範囲が30
CREは正常値0.4~1.4の範囲が1.5と
どちらも数値的には微妙な誤差なのだけど
昨年から比べると、その差は明らかで
毎年、どの項目も正常値のど真ん中あたりだったのが
今年はここの数値だけが飛び抜けての異常値を示してた。

獣医さんによると腎臓は一度悪くなってしまったら
もう2度と良くなる事はないので、異常があれば早めに対処した方が良いとの事。
とは言っても、検査も、完璧な精密検査ではないし
犬の体調によっても、やっぱり
多少の誤差は出てきてしまうので、また後日改めて再検査をしてみて
それでも、正常値ではなかった場合には治療を始めましょうとの事だった。
治療方法としては、やっぱりフード。
腎不全用の病院から出されるフードを毎食べさせてあげて下さいとの事だった。

(長くなるので2回に分けます)

9430web2.jpg
 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。